人気ブログランキング |
ブログトップ

スタジオ SHIFTの日常的なもの~カメラマン・フォトグラファー~

photoshift.exblog.jp

2011年 09月 12日 ( 1 )

ライティング


一灯で光を創っていこうとふと考えた。
今までは、物撮りになるとグリッドを付けたヘッドが10灯近く並ぶってのが常でした。
メイン、ハイライト、オコシ等々。全てストロボを使用しているので色温度の調整、メーター等で数字を追う作業が多かった。
確かに、カタログレベルの写真なら必要ですが、節電を意識して一灯と銀レフでどこまで追い込めるかを試したところいけると判断しました。まぁテクスチャを正確に出して形状もハッキリと、ってなると灯数はもちろん増えますが。
最近の流行りはデジタルのメリットを活かした部分撮りでの合成がスタンダードになっていますが、一発で撮影が僕は好き。その分大変だけど商品を見ながら方法を考えて、そして商品の持つイメージを活かしメインターゲットに訴えかける事が出来るそんなのを考えながら打ち合わせや撮影するのが、中毒になっている。
モデル撮影でも日本人なら会話で詳細なイメージのやり取りが出来るが、外国の方なら僕が英語が得意では無いのでメイクさんを通じたりしていました。しかし、いざシュートすると最初はmacを見ながら単語で説明していたのが必要無くなり目線と左手で事足りる。そんな瞬間も中毒になっています。
滅多に味わえないんですが。そんなに大きい仕事が毎日ある訳じゃないし。
by mr-shift | 2011-09-12 18:10 | 撮影