ブログトップ

スタジオ SHIFTの日常的なもの~カメラマン・フォトグラファー~

photoshift.exblog.jp

モデル撮影のときに思うこと

モデル撮影をしていて思うことがあります。
白バック切り抜き撮影で立ち位置まで堂々と真ん中を歩く人。汚れるので基本はサイドから入るものだと僕は習いました。
また、何枚かシャッターを切っていると立ち位置がドンドンとズレてくる人。その度に立ち位置指示を出します。これは物撮りのようにピンポイントのライティングをせずにモデルさんが動ける範囲で最適のライティングをしているので良いですが・・嫌なのが1枚毎に体重移動のし過ぎで大きく左右にブレる人。パンを緩めて撮影するのが嫌なので僕は苦手です。「反復横跳びか!」ってツッコミをガマンします。
と言いつつも、パンを緩めて撮影していますけど・・。ストロボなのでなんとかなっていますが、ロケだとツラいな。3軸のフリクションの調整が出来る3way雲台で耐荷重が10kgのが欲しい。それをハスキー5段にのっけて・・・激重っすね。スタジオ限定になりそう。
というか、ハスキーの脚はローアングルには非常に使い勝手が悪いです。脚が開かないのでセンターポールを引っこ抜いて逆さに付けて撮影になります。
面倒臭いので、そんな時は脚の開く三脚になります。

三脚や雲台は締りが良くないと使い物になりません。
男性フォトグラファーが集まって飲んでいると、非常に下世話な例えで表現してしまいがちですが・・・SHIFTは女性の担当者さんが多いので自主規制です。
a0165018_11214948.jpg

[PR]
by mr-shift | 2014-03-07 11:22 | 撮影 | Comments(0)
<< サプリメント グレース・モレッツ >>