ブログトップ

スタジオ SHIFTの日常的なもの~カメラマン・フォトグラファー~

photoshift.exblog.jp

思いのたけを、ぶつけられるモノ

以前に書いた記事と似ているのですが。

最近、ある品物を買いました。
そこには、フォトグラファーのラブレターの作り方やその後の付き合い方を例として紹介していました。恋人の探し方も。
SHIFTでは3人のフォトグラファーがいて、それぞれ好みのタイプが違ってラブレターの内容も大きく違います。
自分をさらけだして、丸裸になって「これが僕です」ってな感じでラブレターを纏めています。相手の年齢や職種によって文面を変えるのですが、これが難しいです。
東京の先輩に言われた事が頭を過る。「自分の愛情は他人には伝わりにくいもの」だから本気も本気、全身全霊でラブレターを作り相手をホレさす必要があります。

連絡先を頂いた方には、簡易のA4サイズのラブレターを送るようにしました。

止めどないと勘違いするくらいにあふれる泡みたいに枯れることのない情熱を
a0165018_10313064.jpg


ラブレターってbookの事です。念の為。。
[PR]
by mr-shift | 2013-10-18 10:32 | 日常 | Comments(0)
<< 実りの秋? 秋と感謝と >>